コンサートでの感染症対策

主催コンサートでの感染症対策

奈良ミュージックデザインでは、新型コロナウイルス対策予防のため、コンサート開催時に下記の感染症対策を行っています。 ご来場の際には、検温・アルコール消毒・マスクの着用にご協力をお願いいたします。

入り口〜ロビーエリアの対策

入場時の検温

非接触型検温器での検温をお願いしております。

検温

マスク着用の義務化

お持ちでない方には、会場でマスクをお配りしております。

マスク

オゾン脱臭機(エアバスター)、消毒液の設置

受付付近にオゾン脱臭機(エアバスター)と、受付付近に消毒液を設置しております。

エアバスター

チケットもぎり

以前はスタッフが行っていましたが、お客様ご自身でチケットの半券をお切りいただいております。

チケットもぎり

会場内の対策

オゾン脱臭機(エアバスター)の設置

会場内にもオゾン脱臭機(エアバスター)を設置しております。

販売数制限

会場のキャパシティの半数以下(開催時の状況により変動します)に席数を制限し、チケット販売を行っております。

座席の指定化

入場時の混乱や、会場内でのお客様同士のトラブル防止のため、座席を指定席としております。密にならない席配置とします。

演奏中の換気タイム

演奏の合間に換気タイムを設けています。(1時間半のコンサートの場合、40分前後で1度換気タイムがあります)

ステージと客席間の距離を確保

ステージと客席の距離が十分(3m以上)とれるよう、前方の席は使用いたしません。

ボーカルマイクへのアクリル板設置

飛沫防止のため、マイクにアクリル板を設置しております。

DSC01655

投稿日:

Copyright© 奈良ミュージックデザイン , 2021 All Rights Reserved.