【動画】ぴよっきー御柱祭へ行く(本宮一)

御柱祭は長野県諏訪地方にある諏訪大社で行われる神事で、数えで7年に一度行われます。
宝殿の造り替えと、御柱を選び、山から曳き、境内に建てるまでの一連の行事(神事)を「御柱祭(※)」と呼びます。
※正式名称は「式年造営御柱大祭」

メディア等ではよく危険なお祭りとして取り上げられますが(実際危険な部分もありますが)、
一つ一つの作業全てが「神事」のため、実際現地で見てみると、その神聖さに驚きます。

建てられる柱は上社・下社全部で16本。
その中でも最も太い柱を担当する「本宮一」の建御柱の儀をぴよっきーが見てきました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です