【奈良散歩】鹿せんべい

神の使いとされている動物は多くいますが、奈良ではやはり鹿が有名です。

今日は鹿さんに会うため、お昼休みに奈良公園へ行ってきました。
近くの販売所で『鹿せんべい』を購入すると、お昼時でおなかがすいていたのか、
鹿さん達がすごい勢いで追いかけてきました。

小さくてかわいい子鹿に食べてほしくて差し出したおせんべい。
奈良シカ界のボスか?!と思われるほどの大きな鹿に横取りされ、自然界の厳しさを痛感するのでした。
このような光景は奈良に訪れたことのある方なら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか・・・

そんな『鹿せんべい』ですが、その歴史は深く、1791年に刊行された「大和名所図会」にも
その風景が描かれているそうです。(「国立国会図書館デジタルコレクション」にて閲覧できます)

万葉集や古今和歌集にも『鹿』を題材とする歌は多く詠まれており、
昔から人々に愛され共存してきた様子が伺えます。

[参考]国立国会図書館デジタルコレクション
大日本名所図会. 第1輯 第3編(コマ番号47/375)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/959906

スライドショーには JavaScript が必要です。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です